PMSの原因とその対策

PMSは日本語で「月経前症候群」と呼ばれるもので、生理の始まる約2週間ほど前から起こる心や体の不調を指します。特徴としては、生理が始まると軽くなり徐々に消えていきます。しかし、毎月起こる場合が多く、女性にとってはつらいものです。
PMSの原因としてはよくわかってはいませんが、次のようなことが考えられています。排卵から生理前に分泌されるプロゲステロンによって、脳内物質であるGABAや水分調整が影響を受け体調に影響を及ぼすと言われています。

 

 

また、排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減少するに伴い、脳内のセロトニンが急激に減少するため、不安・憂鬱などの感情になると言われています。さらに、PMSになりやすい人はビタミンやミネラルが不足気味であると言われています。

 

PMSの症状としては、手足のむくみ、頭痛、吐き気、便秘、眠気などの身体的症状と、イライラして怒りっぽくなる、不安なる、集中力がなくなる、一人でいたくなるなどの精神的症状があります。

 

 

いずれも、ストレスや緊張、疲労などにより不調が増強されてしまいますので、不規則な生活をせず、ストレスをなるべくためこまず、バランスのとれた食事をすることで改善可能です。

 

 

しかし、なかなか不調が改善されずつらいときは、医療機関を受診し、症状にあった治療薬を処方してもらうことも必要なことです。PMS治療薬というものも最近は処方されていますし、症状ごとに処方される薬があります。むくみにはむくみ改善薬、吐き気には吐き気止め、セロトニン不足による情緒不安定には精神安定剤、不眠には睡眠導入剤などが処方されます。また、低用量ピルの服用によりPMSに効果があると言われています。
PMS対策にサプリメントを利用するのも良い選択です。
特に精神的症状が強い場合は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬という抗うつ剤の一種を用いることが非常

 

に効果的であると知られています。セロトニンを補うことでPMSの症状が緩和されます。
この他にも、セントジョーンズワートやバレリアンといったハーブが症状を和らげるとして用いられています。
自分に合った方法を用い、上手にやり過ごしていきたいものですね。

 


サプリの選び方について

PMSサプリの選び方としては、配合されている成分を必ず確認することが大切です。
自分がどのようなPMSの症状が出ているのかをチェックし、その症状に効果がある成分が配合されているサプリメントを選ばなければサプリメントの効果を得る事ができません。

 

PMSの症状がひどい人の場合、鉄分不足が生じている人が非常に多いとされています。

 

そのため、PMSの症状がひどい人の場合には、鉄分を豊富に含むPMSサプリを摂取すると、高い効果を得る事が出来るとされています。同じ成分が配合されているサプリメントであっても、その含有量によって、サプリメントの効果には違いが出ますから、できるだけ多くの成分が含有されている物を選びましょう。

 

生理のミカタのPMSサプリで効果的とされている配合成分の含有量としては、ヘム鉄であれば1200から3600ミリグラム程度、ビタミンEであれば、200から1000アイユー程度、カルシウムであれば、600ミリグラム、と考えると良いでしょう。

配合成分が多いと、その分金額が高くなってしまいますから、コスパで選ぶ場合には、上記の含有量よりも、下回らないような配合量である、サプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

天然成分配合のサプリメントを選ぶ場合には、その天然成分がどのような働きをするのか、含有量が多いと、どのような効果を得る事ができるのかを調べ、口コミなどをチェックし、どのくらいの人が効果を感じる事ができているのかを調べた上で、PMSサプリを比較すると良いでしょう。